虹。

土曜日の午前中に書道が終わった後、お部屋で過ごしたり、近所の公園や車でドライブへ行く等出掛けたりしています。

 

そんなある土曜日の午後、陽だまりの子どもたちが大好きな小針公園へ出掛けた時の事です。

その日は朝から小雨が降ったり、止んだりを繰り返していました。

最初は寒い中、鬼ごっこをして走り回っていましたが、小雨が降ってきました。

陽だまりへ戻ろうと試みたものの、小雨だろうと関係なく活発に動き回る子どもたち。

小雨はすぐに止み、晴れ間が見えると...


20190109_132423

「あっ!虹だ~!」

 

と指を差して教えてくれました。

そこからその子のところへ集まり、鬼ごっこは一時中断。

シーソーへ集まり始めました。


20190109_132715

友だちと漕ぎながら

「にーじっ♪にーじっ♪にーじっ♪...

と嬉しそうに歌っていました。

途中で二層になっているのも見つけ、嬉しそうに報告してくれました。

20190109_132815

虹は数分すると消えてしまいましたが、友だちに伝え、喜びを分かち合う姿を見て、ほっこりしました。

職員一同、子どもと関わることにより、子どもから学ぶことが多くあります。

些細な事でも同じ目線になって共感することにより、普段見ている光景と違うものが見えてきます。

そんな大切さに子どもたちから改めて気付きました。